ウォーターサーバーは経済的?お財布との関係その2

前回の長い前ふりを受けて、今回は家庭で安全な水が手に入る方法である浄水器の設置費用や維持費、さらに主役のウォーターサーバーの平均的なコストを紹介して、経済的にウォーターサーバーの導入はどう関わってくるのか見ていきたいと思います。

浄水器はその安い維持費が魅力ですが…

スーパーなどで買うペットボトルのミネラルウォーターや天然水と違い、家にいるだけで安全な水が手に入る浄水器も、ウォーターサーバーとともに徐々に普及しています。

そんな浄水器を設置するには、どの程度のコストを見越しておく必要があるのでしょうか。

・その種類と特徴やコスト感が大きく変わる

浄水器はその性能や設置タイプで大きく導入にかかる値段が変わるので、主なものを挙げてみたいと思います。

ポットタイプ・・・最も安く導入できる浄水器で、冷蔵庫に入る大きさのものが主で安いものなら2,3千円、高級品でも7,8千円で購入できます。

カートリッジ式になっていて1ヶ月使い続けても交換費用は1千円程度、ただしその浄水性能は他のタイプと比べるとかなり低レベルです。

蛇口取り付けタイプ・・・機種代は7,000円程度、自分で取り付け可能なものから機種代も数万円で専門業者に取り付けを依頼しないといけないものまであり、こちらもカートリッジが1~2,000円月々かかります。

ポットタイプよりその浄水性能は上ですが、水道水の影響を大きく受けるカルキや他の健康被害が出る、非常に微細な物質の除去を完ぺきにできるかというと疑問符がどうしてもあります。

据え置きタイプ・・・大型で高性能なものは20万円近くするものもありますが、安い小型なものなら3,4万円で売られていて、水道水を補充しつつ、ろ過された水を使用することになります。

基本的にカートリッジの交換は1年に1度程度で、月換算すると1,000円程度となりますが、言ってしまえばRO式のろ過装置が付いたウォーターサーバーはこれとほとんど同じものです。

・水質はウォーターサーバーが圧倒します

コスト感だけでいえば、特にポットタイプや蛇口取り付けタイプは浄水器の方が手軽感はありますが、そのろ過性能は各水配達業者の大掛かりなろ過設備を使ったウォーターサーバー用の配達水にかなう訳もなく、ミネラル分も自然の恵み一杯の天然水やミネラルウォーターに大きく、それこそ「水を開けられ」ます。

結局は、水道水を利用することになるので、よほど高性能のものでない限り水質においてはウォーターサーバーで使用する天然水やミネラルウォーター、更に純水であるRO水の方が大きく上回ります。

また、最近ではビルドインで高性能なろ過装置を設置するケースもありますが、その機種代金や工事代など数十万円のコストが買ってしまうので、新築住宅を購入するのと同時ならともかく、思い付きですぐにリフォームなんてわけにもいかないのが現実です。

ウォーターサーバーの出番です

ウォーターサーバーは、水配達型と浄水器型があるのでそれぞれ分けて説明いたします。

・配達型

配達型ウォーターサーバーは、ミネラルor天然水を製造販売している業者が機種を提供し、その目的はあくまで自社の水銘柄を買ってもらうことです。

この場合、基本的には機種ごとのレンタル料を毎月支払うことになりますが、その額は高くても1,000円程度、定期的に水業者から水を購入する場合などでは無料でレンタルしてくれるところもたくさんあります。

配達料はほぼ無料で、水自体の価格はそれぞれですが、使用される12Lボトルで平均1,500円から2,000円。

高い方の2,000円をペットボトル500mlに換算すると約83円、コンビニで売られているもののなかで、その水の安全性や天然水の由来がはっきりしている、大手飲料メーカの商品ならは100円オーバー。

安売りされているものでも60~80円はするので、大量購入の際重い水を運ぶ手間やその安全性を考えると、決して高い数値ではありません。

また、温水冷水管理がされている事がほとんどなので、電気を使いその料金も発生しますが現行機種は省エネ対策などもされていて、エコモード搭載の機種なら月300円台、高いものでも600円程度に抑えられています。

ここまでを総合すると、ウォーターサーバー導入にはまず浄水器の様に初期費用はほとんどの場合かかりませんが、3人家族の飲料水が月平均60Lといわれていることから計算すると、水の購入代金として月に約7500円~10,000円がかかってきます。

維持費が月1,000~2,000円の浄水器と比べ、これを「高い」と感じるかは価値観にお任せしますが、安心安全な水をいつも冷たく、またはホットで美味しく利用することができます。

加えて災害時に非常用として使うなら、水道が停止すると使用できない浄水器は役に立たないことがほとんどで、大きな災害を乗り越えた我々日本人の中に、水代だけでなく時には例え機種のレンタル代が毎月かかっても、このウォーターサーバーを設置する家庭が増えてきているのです。

・浄水器型

基本的に浄水器の項目と変わりませんが、大きく違うのが機種をレンタルの形で起用できることです。

静電吸着や、活性炭のフィルターを個別もしくは複合して使用したもので、月々3,000円~6,000円。

RO式の純水タイプでも4000~7000円が相場で、これだけ払えばいくら水を使ってもかかるのは水道代のみで、高性能で同程度の安全性のろ過能力をもつ浄水器は機種購入と工事費に数十万円の初期費用が掛かることを考えれば、手軽に導入しやすいのが特徴です。

こちらも5℃以下の冷水、85℃以上でカップラーメンも十分作れる暑さの温水の利用が基本的に可能で、電気代は配達型のそれと大差はありません。

また、これは配達型にも言えることですが、浄水器は基本常温でホットで使うには煮沸を、アイスで利用するには冷蔵庫で冷やす必要があります。

そのため、たとえミネラル分を追加できる高性能カートリッジの使用機種でも、それらが熱で壊れたり、冷蔵庫で嫌なにおいがついてしまって「おいしい水」、「健康効果のある水」という付加価値が薄れてしまいます。

その点、ウォーターサーバーは基本的に温度管理機能が付いているので、ミネラル分はそのまま、24時間いつでも様々な温度でおいしい水を利用できるのも大きなメリットです。

まとめ

ライフスタイルはそれぞれで、一概にウォーターサーバーが最も優れているという訳ではありませんし、維持費の面からみれば浄水器が一枚上手、少量の利用ならペットボトルなどの購入の方が便利です。

ただ、安全、安心、そして美味しい水を初期費用少なく、しかも高次元で常時手に入れることができるウォーターサーバーは、事実その普及も増えてきています。

各飲料水メーカー始め、最近では携帯電話メーカーも参入し、いろいろな導入キャンペーンなども展開しています。

もし、ウォーターサーバーの導入をお考えの方は、それらをうまく利用してさらにお得感をアップさせる事もできるので、いろいろな商品をよく比較するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする