ウォーターサーバー設置のメリット《健康》その1

「水を買う」、ひと昔前なら想像もしなかったことですが、海外では当たり前のことです。日本でも、食の安全性や環境問題への関心の高まりに合わせて、「安全」や「安心」を求めて、ミネラルウォーターを買う姿をよく見かけるようになりました。

ウォーターサーバーはそんな安全な水を重い買い物などをせず、自宅でいつでも飲めるのがうれしいところですが、一体どんな健康への効果を示してくれるのでしょうか。

そこでまずは、最も気なる健康に役立つウォーターサーバー設置によるメリットに迫っていきたいと思います。

水の種類でその効果は変わってきます

基本的にウォーターサーバーの水は、RO水と呼ばれる浄水機能で作られた純水と、天然水やミネラルウォーターなど宅配を主とするもに分けられます。

そこでまずは、純粋のウォーターサーバーによる健康効果からみていきたいと思います。

・純水がもたらす効果その1・・・有害物質の心配がない

世界一安全で安心だと日本の水道水は言われ、長くミネラルウォーターや、このウォータサーバーが普及しなかったのにはそれが大きく影響しています。

ただ、近年水道水には、

ダイオキシン

トリハロメタン

環境ホルモン

などといった、重大な健康被害をもたらす物質がごく微量とはいえ含まれていて、それが大きな健康被害を及ぼすと問題視されています。

しかし、それを完全に排除することは非常に難しい上、水道水は一定の環境基準をクリアーしているため、そこまで目くじらを立てる必要もないようにも思われます。

ただ、毎日飲む水ですから、わずかでも不安を覚えるようならそれを完全に排除したいところで、実際の健康被害を受けるからというより、精神衛生上に純水は役立ちます。

とくに、東日本大震災以降、風評被害などの原因となっている放射性物質などもこのRO式で作られる純水は排除してくれるので、本来はそこまで気にすることのない被災地の方の安心を高め、ストレスを減らすという役割も果たしてくれています。

・純水がもたらす効果その2・・・湯冷ましより傷みにくい

病気の時や乳幼児のミルク用にいったん水道水を煮沸して冷ますいわゆる「白湯」というものがあります。

上記で紹介したダイオキシンなどの有害物質を取り除けるので、古くからこれが使われていたこともうなずけますが、実はこの時水道水を消毒するために添加されている塩素も一緒に抜けてしまいます。

しかし、微細な細菌は完全にはなくならないのでこの白湯は非常に傷みやすく、時間が経過したものを飲むと下痢や吐き気などの健康被害を返って受けることもあります。

しかし、純水には文字通りこの細菌すら存在していないので非常に持ちが良く、薬などを飲むときに利用すればその薬効を邪魔するものが一切含まれていないので、その効果を確実にしかも早く得ることができます。

また、一部のミネラルは成人にとっては有益であっても、乳幼児にとっては効能が強く避けるべきものも中にはあり、それが白湯をミルク作りに使用することが多いのですが、これも傷みにくくミネラルのない純水を使えばより安全性が高まります。

また、ウォーターサーバーのほとんどが冷水とともに温水が出るので、夜泣きに対応する親御さんの肉体的負担やストレスの軽減にも大きく役立ってくれます。

・純水がもたらす効果その3・・・カルキの悪影響を防ぐ

カルキは水を飲める形にしてくれるもので、日本の水道水が海外のそれと比べ衛生的でおいしいといわれているのはこのカルキのおかげともいえます。

ただこのカルキは微生物を分解する段階で上記で紹介したトリハロメタンを発生させるうえ、野菜などが持つビタミンなどの有効成分を壊してしまう特徴を持っています。

そのため、発ガン性まで示唆されているトリハロメタンを排除するのと同時に純水を野菜洗いに使えばこれを防ぐことができ、ビタミン不足を防ぐ効果が見込めます。

また、カルキは人によってはアレルギー反応を引き起こすこともあり、アトピーなどの皮膚炎を起こすこともあるとされています。

肌の弱い方は純粋で顔などを洗うようにすると、これらアレルギー性の疾患を防ぐ効果も併せて期待できます。

・純水がもたらす効果その4・・・デトックス効果

適度に水を補給することは、肝臓や腎臓で行われる不純物や毒素の分解を促進し、合わせて利尿効果でそれを体の外に出すデトックス効果を高める効果が見込めます。

さらに汗などで余計な塩分が抜けやすくなり高血圧や動脈硬化を防ぐ事も期待できます。

混ざりけない純水はその中にこれら不純物や毒素、塩分を当然多く吸収することができるので、水の補給によるデトックス効果を高めることができるのです。

純水にはそもそもミネラルがないうえ、体の中に溜められているミネラルもその時一緒に吸収、体外に出すので飲みすぎは良くないといわれています。

ですが、一般的に塩分の過多や脂質の摂りすぎによるコレステロールの濃度が高いことが問題視されている現代の食生活では、よほどガブ飲みでもしない限り健康に被害が出ると考えづらく、ここまで紹介してきた好影響を得るケースの方が多いと思われます。

まとめ

ミネラルウォーターと違い、栄養価を得るというより余計な物質を体に入れない、もしくは体の外に出すということで健康に効果を示すのが純水で、食生活や生活習慣もしっかりしていて、何の不安もない方が健康管理に使うというより、まだ免疫の弱い乳幼児や新陳代謝の下がっていく年配の方などにその恩恵が大きくなるのが特徴です。

純水の宅配水は少なく、RO式浄水装置付きサーバーもまだ普及の進んでいないジャンルではありますが、少子高齢化の波に乗って今後設置台数も増えていく可能性も高い、ウォーターサーバーといえるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする